薄暗い風俗の部屋を明るくしよう

どこのお化け屋敷かと思う程に風俗のプレイルームは暗い。夜中の公衆電話よりも暗いのではないかと思う。待合室だってあんなに暗くは無い。あまりにも暗いものだから風俗嬢の顔もあまり記憶に残らない。後で思い出そうとしても上手く思い出せないのだ。 お客さんは風俗嬢の美しさを買っているという面がある。美しい姿を見るためにお金を払っているのだ。それなのにどうして肝心のプレイをする場所が薄暗いのか店長は説明すべきである。まさか女の子が本当は不細工だからそれを隠すためだろうか?もしそんな理由なのだとしたら今すぐ店を閉じるべきだろう。 客も遠慮してはいけない。もっと部屋を明るくしてくれ!と言うべきだ。黙っていてはいつまで経っても状況は好転しない。以心伝心は普段からコミュニケーションを取っている場合にのみ有効になるのだ。まだ数える程しか出会っていない風俗嬢には言葉で言わなければ伝わる事は無い。 薄暗いと風俗そのものが怪しい業界の様な印象を与えてしまう。これからは少なくとも普通の部屋の明るさを保つようにしてもらいたい。コンビニ程明るくする事は無いが、部屋が明るいと気分まで明るくなるというのはあるだろう。人々の意識と光には関連があるのだ。

男性の希望に応えるお店

風俗業種の中でも、コスプレというものが非常に多いのはイメージクラブではないかと思います。この名前では長いので、基本的にイメクラと略されることが多いです。この風俗店はコスプレというよりは、ごっこ遊びとい… Read more

風俗ならデリヘル、ホテヘル、ソープのどこがお勧め?

風俗を利用するならデリヘル、ホテヘル、ソープのどこがお勧めでしょうか。どれも性風俗のサービスを提供しいているお店で、悩む人も多いのではないでしょうか。

デリヘルを利用すると自宅やホテルに… Read more

綺麗な女の子に手コキでぬいてもらう

先日、手コキ専門風俗店を利用しました。
今回利用したお店での受けられるサービスは手コキのみで、キスはおろか女の子にタッチすることもできないといったシステムでした。
しかし、逆転… Read more

風俗行く時だけは身だしなみ整える

普段身だしなみに気を使わないんだけど、風俗のときだけはしっかり小奇麗にしていくんだよな。 仕事も別に客を相手にするようなものではないので、恰好を気にする必要もないし付き合っている女がいるときには、それは自分の女だからとあまり気を使うことはないが風俗の時だけはある程度綺麗な恰好で行くようにしている。 別に風俗嬢に気を使っているわけではないが、大事な金を使ってサービスを受ける以上一番良い条件でサービスを受けることができるにはこれしかないとわかったからだ。 以前は風俗に行く時など、それこそ身だしなみなんか気を使わずに風呂代わりに利用していたが、あからさまな手抜きを受けたことがあったのでそれから身だしなみを整えることにした。 なんとなく風俗嬢の思うままにされるのはムカついたが、だからといって手を抜くなといっても奴らは平気で抜くので、気持ちよく遊ぶにはこれしかないとわかったのだ。 しかし、普段から身だしなみに気を使っていないのに風俗に行く時だけ、身なりを整えるというのもなんだか変な話で、どうしてこんな場所に遊びに行くのに小奇麗にしなければならないのかと思ってしまう。 知り合いに見られてどこに行くんだと聞かれた時には、なんと答えれば良いのやら。

Copyright © 2014 . All Rights Reserved.